消費者金融即日

審査基準で選ぶ

消費者金融での借り入れで一番重要なポイントは、借入先の金融業者がどの程度の審査基準なのかを把握しておくことです。審査基準が厳しい金融会社では審査に通る可能性が低くなりますし、逆に審査基準が甘い業者は審査に通る可能性が高くなります。もっとも、自身の収入や借り入れ状況にも左右されますが、どうしても審査に通りたいのなら審査基準が甘い業者を選ぶことです。

借り入れ先を選ぶ基準としては、借り入れ件数が3件以内であれば大手銀行系消費者金融を選びましょう。審査に通るか否かは様々ですが、一応は審査を受ける資格はあるでしょう。借り入れ件数が4件以上の方は、大手で借りることはほぼ不可能なので、審査を受けること自体時間の無駄ですし、信用情報機関のデータを汚すことにもなります。

借り入れ件数が4件以上の多重債務者は、審査基準が甘いと口コミが多い金融業者を選ぶことが重要になります。それ以外の業者は、はなから排除しておくとよいでしょう。以下はそういった業者の一覧表です。

0即日融資可能消費者金融一覧
消費者金融

年収が多いほど審査に通る確率は高くなります

消費者金融や信販会社の審査基準で一番重要だとされる項目は、年収です。年収が多いほど返済能力が高いと見なされますので、信用力も高く評価される傾向にあります。

ただし、いくら年収が多くても借り入れ件数が多ければ、信用力は低く見られてしまいますし、逆に年収が低くても借り入れ件数が少なければ返済能力があると評価されますので、信用力も高くなります。いずれにせよ、重要なポイントは「返済能力があるか否か」です。

アルバイトやパートの方は正社員に比べて年収が低いのが一般的ですが、アルバイトやパートの方でも審査基準に合致していれば、大手消費者金融でも審査には通ります。

たとえば月収が7万円の方でも、金融業者への支払いがゼロで家賃への支払いもない方は、返済能力があるとみられますので審査には通るでしょう。収入が少ない方でも支払い能力があると見なされたら審査には通るということです。

中小

即日融資

貸金業者も顧客獲得競争の一環として、様々な金融商品を提供しています。その中でも当日申し込んで当日融資が受けられる「即日融資」は、現在ほとんどの金融業者が採用しています。何しろキャッシングを申し込む人の大半は今すぐにお金が必要な方なので、少しでも早く現金が借りれる業者を選ぶのは当然のことです。

審査に二日も三日も要しているようでは、他の業者へ移ってしまうことになるでしょう。そういった意味でも、即日融資は消費者金融にとって最低不可欠のサービスといっても過言ではありません。

現在では、審査に要する時間の短縮を考慮して、居住先への所在確認や勤務先への在籍確認を省略する「web完結審査」が主流となりつつあります。つまり、信用情報機関のデータのみで審査を完結するということです。

これによって、以前は二時間程度を要した審査が、30分以内で完結できるようになりました。パソコンやスマホからの申し込みで、審査に通れば30分以内に指定の銀行口座にお金が振り込まれるということです。こういった金融サービスは今度、ますます進化していくことと思われます。

確実に借りるためには

誰しも借入審査で落とされることは嫌なもので、落とされた日は一日憂鬱な気分にさせられてしまいます。それだけなら未だしも、借入審査で落とされたデータが信用情報機関に残ってしまうというのも、今後の借入によい印象をもたらさないことでしょう。

したがって、絶対審査に落ちないよう確実に事を進める必要があります。確実に借りるためには、自分が借りれる範囲の消費者金融をあたることです。変に高望みするのではなく、あくまでも自分の借りれる範囲です。

もしも自分の範囲がわからなければ、事前審査を受けることをお薦めします。事前審査なら信用データを汚すことなく、自分が借りれるか否かを判断してくれます。

範囲で目安となるのは、借入件数が2件程度なら大手金融会社、4件以内であれば中堅ローン会社、それ以上の借入件数であればかなり審査に通るのが困難となりますので、小規模のマチキンで借りるより手立てはないものと思われます。