株式とは

銀行借入が主だった欧州企業だが、統一通貨「ユーロ」の導入後は、株式、債券による調達が目立って増えました。欧州企業の株式発行額は1999年に約1,300億ドルに達し、1998年の1.5倍近くの新株が発行され、2000年上半期には1,168億ドルと、アメリカ企業の株式発行額970億ドルを上回るペースで増加しました。

アメリカでは50億ドルを超えるものは少ないが、欧州企業1件あたりの発行金額は100億〜150億ドルに及ぶものも多い。欧州での株式発行の増加は、特にテクノロジー、通信、メディアといったハイテク企業によってもたらされている。特に2000年上半期の国債株発行の3分の2は、これらのハイテク企業によって発行されました。

欧州では1990年代半ばにヌーボマルシェ、欧州版NASDAQのEASDAQ(イズダック)が創設されたが、その後ハイテク・ベンチャー企業の設立・育成が進み、株式公開が急増した。7つの欧州ベンチャー市場のうち、その急成長ぶりに期待が集まっているのが、ドイツ・ノイアマルクト、フランスのヌーボマルシェでした。

消費者金融百科事典