金利と景気の関係

 金利は景気の良い際に上昇し、逆に景気の悪い際には下落するのが一般です。何故ならば、景気が良い際は企業が積極的に設備投資をしたり、新規事業を立ち上げたりするため、それに呼応してお金の需要が高まります。逆に、景気の悪い際には、設備投資を控えるなど企業活動が縮小し、お金の需要が減少するからです。

また、金利が上昇すると、お金をかけて事業を拡大しようとする企業が減るため、景気は後退します。逆に、金利が低下すると借入をしやすくなるため、再び企業活動が活発になり、景気も良好になっていきます。つまり金利は、経済の動向によって変動するという一面を持っているのですが、逆に金利の変動自体が世の中全般のお金の流れを調節し、経済の動向に影響を及ぼしているという側面も持っています。

 低金利の際にはお金を借りやすいため、企業は積極的にお金を借りて設備投資をして生産を伸ばします。すると好景気に突入し、社員に対する給料や賞与も多くなって、個人の所得も増加し、それに伴って消費も増えることとなり、景気が更に良くなります。
そこで企業が生産を増やすためにお金を借入しようとすることで、資金需要が増加し、金利が高くなっていきます。するとお金が借りにくくなり、生産コストも高くなって、その結果、事業の規模も縮小して景気は悪くなっていきます。このように、金利の上昇・下落に伴い好景気・不景気が訪れ、循環しています。

消費者金融百科事典