金利の種類

 金利の種類には、政策金利(公定歩合)と市場金利があります。民間の銀行や信用金庫などの金融期間が日本銀行からお金を借りる際に発生する金利を公定歩合と呼称します。金融機関は、不特定多数の人や企業から集めたお金を、資金を借りたいと考えている人や企業に貸し出すのが業務ですが、その資金が不足する場合もあります。そんな時、銀行の銀行とも称される日本銀行から借りる際の利息が公定歩合です。日銀が政策的な判断に基づいて決定するため、政策金利とも呼称されています。

 一方、金融市場での需要と供給のバランスによって決定する金利を市場金利と呼称します。以前は公定歩合が上昇すると銀行の資金調達コストが増えるため、そのぶん貸し出し金利も引き上げて、さらに預金増強のために預金金利も引き上げていました。

こうした動向に連動して市場金利も上昇していたのです。しかし、その後、金融期間同士がお金を融通しあうコール市場などで資金を調達する銀行が増えてきたため、公定歩合の影響力も縮小していきました。金融機関同士の貸し借りの市場であるコール市場での金利をコールレートと呼称します。

消費者金融百科事典