信用創造機能

 金融機関の役割・機能の中に、信用創造があります。この機能は簡単にいえば、預金と貸付を繰り返すことによって最初に受け入れた預金の何倍もの貸し出しを可能にするものです。例えば、銀行が300万円の受け入れをしたとすると、銀行は通常の場合、60万円を手元に置き、残りの240万円を貸し出します。

通常の場合、この240万円はいったん借り手の預金口座に入ります。ここで240万円の源泉的預金が発生する仕組みです。そこで、銀行は再び240万円の一部を支払い準備として、残りを貸し出しに回します。そこで再び発生的預金は発生し、また新たな貸し出し原資となります。

 このような連鎖を繰り返していけば銀行は本源的預金の何倍もの貸し出しが可能となります。

信用創造は無限に出来るわけではありませんが、銀行は預金をもとにお金を創り出し、これによって経済は円滑にまわっていくといえるでしょう。

消費者金融百科事典