最大限度額

限度額は信用度に応じて変わってきます

消費者金融等の貸金業者でキャッシングの申し込みをして、無事審査に通った場合、いくらまで借りれますという限度額が記載された契約書を渡されます。もしも30万円と設定されていたなら、それが貴方の最大限度額であり、現在の信用の価値ということです。

最大限度額については、どの消費者金融のサイトでも公開されていますが、10万円〜500万円といったように広範囲に記載されています。沢山のお金を借りたいと考える人がこの最大限度額に釣られて申し込むケースも少なくないと思いますが、残念ながら最初からいきなり最大限度額まで貸してくれるような金融業者は皆無です。せいぜい50万円が精一杯のはずです。

貸付限度額は借入審査の際、申込者の信用度に応じて設定されます。信用度が高ければ貸付限度額も高く設定されますし、アルバイトやパートのような収入の少ない人は貸付限度額も低く設定されます。また、複数の借入がある多重債務者なども、同様に信用度は低く扱われますので貸付限度額は低くなります。信用の高い人で50万円が設定され、一番信用の低い人は10万円から5万円程度になるのが通常です。

融資限度額をアップさせるには

申し込んですぐに最大限度額まで借りれるケースはあり得ないことを上述しましたが、ではその最大限度額というのは客を寄せるための虚偽ではないのか、と疑問に思われるかもしれません。しかし、利用実績を積み重ねていくと徐々に限度額がアップしていくのが消費者金融のシステムなのです。

当初こそ設定額が低くても、毎月の支払いをきちんと履行していれば信用も少しづつ高くなっていきます。そうしていれば、ある日突然金融業者から限度額を上げる旨の提案をしてきます。それもそのはずで、貸金業者は顧客に金銭を貸してこそ利益を上げれる会社ですので、一円でも多く貸し付けたいのが本音です。だから毎月きちんと返済を履行してくれる優良客には融資を勧めてくるのは当然のことです。

最大限度額の推移

融資限度額を上げて他社の借入を完済

現在の最大限度額が30万円なら50万円に上げる提案、現在の限度額が50万円なら100万円までの設定額を提案してくるでしょう。それを受けるか否かは顧客の選択ですが、もしも他に借入先があるのなら、100万円まで借りて他社の借入を返済していまったほうがいいかもしれません。

一本でも借入先を減らすことは重要なことですし、借金完済の第一歩が借入件数を減らしていくことです。注意が必要なことは、いくら現在の上限金利が18.0%といっても100万円ともなれば、毎月支払う利息がかなりの額になってしまいます

利息を支払っていれば、なんとかその月はやり過ごすことは出来ても、これでは利息のみ支払って元金が一向に減らないことになります。消費者金融側からみれば、このような顧客こそが上客になるわけですが、いつまでも借金漬けになっていては生活が前に進まなくなってしまいます。なんとか生活を切り詰めて、利息のみを支払うような生活から脱却しなくてはならないでしょう。