在籍確認

申し込みの際に勤務先への確認

在籍確認とは、貸金業者が新規借入の申し込みを受けた際、申込書に記載された勤務先に本人が本当に在籍しているのかどうかを確認する作業です。通常は個人名での確認となりますが、一部の大手カード会社などはそのままカード会社名で問い合わせをしているところもあります。

在籍確認そのものは会社側が在籍を認めた時点ですぐに終了しますが、もしも虚偽の勤務先を記載していれば、即刻審査は終了となってしまいます。窓口審査なら記載していた申込書を目の前で破られて廃棄されます。この行為は一見乱暴なように見えますが、記載した申込書が乱用されないよう本人の目の前で廃棄するのが決まりなのです。

そして、一番怖いのは虚偽の記載をした旨が信用情報機関のデータに上書きされることです。これは悪質な行為ですので、今後の借入審査にも大きく影響することを覚悟しなくてはなりません。

無職の場合

そもそも定職に就いていない者が貸金業者からお金を借りようとする行為そのものが無謀ですが、勤務先に虚偽を記載して申し込みをするのがこの無職者が多いのです。こういった虚偽の行為は絶対に通ることはありませんし、バレたときのリスクが高すぎるのでやめたほうがいいでしょう。

もしも無職や失業者の者がどうしても融資を受けたいのなら、どこかの派遣業者に登録をして、とりあえず在籍確認が通る手続きをしましょう。そうすれば、第一関門である在籍確認を突破して、審査に通る可能性が高くなります。

電話

web申し込みや無人契約機の場合

また、ネットからの申し込みでもこの在籍確認は実行されますし、無人契約機でも同様です。個人名で勤務先へ問い合わせがなされて、本人が本当に在籍しているかどうかの確認をします。そして在籍確認が完了すればきちんと仕事をしている証明になります。

だた、現在は顧客獲得競争の激化でどの業者とも審査のスピードを競っており、この在籍確認や本人への所在確認の問い合わせを省略するケースも増えてきています。この理由は信用情報機関の個人データの精度が年々アップしていることから、個人データに問題がなければ審査に通すというシステムが一般化されつつあります。

実際、プロミスのweb完結などはネットからの申し込みのみですべて終了するというシステムが構築されています。ただ、このシステムは大手の消費者金融のみのことで、中堅以下の消費者金融ではいまだに勤務先への在籍確認は実行されています。

在籍確認がとれたら

無事に在籍確認がとれたなら、次の審査に移行されます。次の審査とは信用情報機関からの個人データの解析です。過去の借入履歴と現在の借金状態を調査されます。

もしも過去五年以内に自己破産などをしていれば、ブラックリストに記載されている可能性がありますので、審査に通らない理由となってしまいます。また、現在の借金履歴では借金総額が年収の三分の一以上あれば総量規制の対象となりますので、絶対審査には通りません。

また、それ以下の借入総額でも借入件数が7件以上もあると、金融業者から警戒されてしまいますので、審査で落とされる可能性が高くなります。借入件数が多い方は、おまとめローンなどを使って一本でも借入件数を減らすことをされたほうがよいでしょう。借入件数が減ることで、返済する労力も軽減されますし、支払う金利も少なくて済みます。