武富士

¥en0業界NO1に位置していた武富士

80年代、90年代と常に消費者金融業界のトップに君臨していた武富士については、広く知られていることで今さら説明するのも不要かと思います。90年代初頭に発生した出来事(ジャーナリスト宅盗聴事件、グレーゾーン金利の違法、過払い金請求)がなければ、今でも金融界の頂点に君臨していたことは間違いありません。

武富士の看板

武富士の軌跡

昭和41年01月0東京都板橋区において、武井保雄氏によって富士商事が創業される。
昭和46年09月0東京都板橋区に本社ビル竣工
昭和46年02月0銀座支店開設
昭和47年08月0これまでの団地金融から消費者金融へ本格的に変更
昭和48年05月0武井社長自らアメリカローン業界を視察
昭和48年04月0地方進出の第一歩として札幌支店開設
昭和49年12月0株式会社武富士に名称を変更する。
昭和50年01月0資本金を4,500万円に増資する。
昭和50年03月0仙台支店、名古屋支店、開設する。
昭和50年07月0新潟支店を開設して北陸に進出。
昭和50年10月0福岡支店を開設して九州地方へ進出。
昭和51年02月0広島支店を開設して中国地方へ進出。
昭和51年04月0大阪支店、神戸支店開設で関西地方へ進出。
昭和52年02月0高松支店を開設して四国地方へ進出。
昭和52年03月0新宿に本社機構を移転する。
昭和52年09月0資本金を9,880に増資する。
昭和52年10月0総店舗の融資残高が100億円を突破する。
昭和52年12月0株式会社ユタカ、株式会社ヤマトローンサービス、株式会社東宝ローンサービスを吸収合併し、資本金1億5,000円とする。
昭和53年02月0店舗のキャッチフレーズに「¥en Shop武富士」を利用開始。
昭和53年03月0資本金を3億円に増資する。
昭和54年03月0資本金を5億円に増資する。
昭和54年12月0資本金を12億円に増資する。
昭和55年12月0子会社ミリオンファインナンスと株式会社テイケイアイを吸収合併する。
昭和56年06月0総店舗融資残高が1,000億円を突破する。
昭和57年08月0資本金を32億1,204万円に増資する。
昭和56年11月0資本金を34億5,000万円に増資する。
昭和58年10月0資本金を49億5,000万円に増資する。
昭和58年11月0全国支店網オンライン化が完成する。
昭和58年12月0貸金業法改正により、貸金業登録を行う。
昭和59年09月0東京八重洲に本社ビルが竣工。
昭和61年11月0資本金を104億5,000万円に増資する。
昭和62年08月0全店舗総融資残高が3,000億円を突破する。
昭和62年10月0顧客口座数が100万口座を突破する。
平成03年02月0全店舗総融資残高が5,000億円を突破する。
平成04年05月0新宿に本社ビルが竣工する。
平成04年08月0顧客口座数が150万口座を突破する。
平成06年03月0資本金を163億2,790万円を突破する。
平成06年07月0全店舗総融資残高が7,000億円を突破する。
平成07年10月0アコムに準じて無人契約機¥enむすびを導入。
平成07年11月0顧客口座数が200万口座を突破する。
平成07年12月0金融機関、信販会社とATM・CD提携を開始。
平成08年02月0総融資残高が9,000億円を突破する。
平成08年08月0株式を日本証券業協会に店頭公開する。
平成10年12月0東京証券取引所に一部上場する。
平成12年03月0ロンドン証券取引所に株式上場する。
平成12年12月0ジャーナリスト盗聴事件が刑事事件となる。
平成13年05月0青森県弘前支店で強盗放火殺人事件が発生する。
平成14年02月0ケイマン諸島に会社を設立する。
平成14年09月0フジックス信用保証株式会社を吸収合併する。
平成15年12月0ジャーナリスト宅盗聴事件により武井保雄会長が逮捕され会長を辞任。
平成16年11月0武井保雄前会長に懲役3年、執行猶予4年、武富士に罰金100万円が言い渡される。
平成22年02月0資金繰り悪化によりキャッシングが停止状態に陥る。
平成22年09月0会社更生法を申請、株式売買は停止となる。
平成22年10月0東証一部上場廃止。
平成22年11月0ロンドン証券取引所上場廃止。
平成23年04月0韓国企業に買収される。

テレビCM

1998年にオンエアされた武富士ダンサーズによるテレビCMは、これまでの消費者金融のイメージを一新させるほどの影響を及ぼすことに成功します。結果的に利用客の増加と、企業イメージを爽やかなものに定着させることとなります。

武富士ダンサーズ

武富士ダンサーズ誕生

企業イメージの若さと躍動感を表現すべく誕生したのが若い女性ユニットの武富士ダンサーズです。12名で構成されるダンサーの一糸乱れぬダンスで、お茶の間を大いに魅了しました。好評を博した結果、学園祭で使用したいといった申し出や、振り付けを教えてほしいといった問い合わせが殺到したといいます。
ダンスCM

武富士ダンサーズ再登場(1998〜2001)

レオタードによるダンスCMは平成7年に終了したものの、再登場を願う圧倒的な世論に応える形で、1998年に再登場します。前回よりもテンポもアップし、衣装もブルマーに着替えて、前回よりも3名多い15名のユニットで踊っています。
武富士ダンサーズ2001

200名の中から選ばれた武富士ダンサーズ

ダンスCM2001を収録する中で、200名のプロダンサーから厳しいオーディションを経て、12名の新武富士ダンサーズが誕生します。コスチュームも振り付けも一新し、軽快なテンポで踊っています。

1999CM

2001年武富士ダンサーズによるCM

武富士バンブー

2001年、武富士は廃部となっていたイトーヨーカードー女子バレー部を引き継ぐ形でVリーグに参戦します。参戦1年目の2001年は誕生から間もないということもあって、9チーム中7位の成績で終わることになりますが、参戦2年目の2002年にはロシアのエース選手を迎えるなどの補強をして、準優勝の結果を出すことになります。

2003年は主力選手の怪我に泣かされ、10チーム中8位で終わるものの、後半戦ではその実力をいかんなく発揮しました。

武富士バンブーのマーク武富士バンブーユニホーム

武富士バンブー練習風景

長者番付にも登場

90年代に入ってくると、消費者金融の創業者たちが長者番付に登場してきます。それの筆頭だったのが武富士創業者の武井保雄会長です。93年には第一位にランクされ、90年代全体を見ても第6位という偉業を達成しています。

長者番付

武富士御殿

杉並区富士見ヶ丘に「真正館」という巨大な施設が現存しています。これは表向きは武富士の研修施設であったものの、実際は創業者一族が居住する空間であり、総工費30億円敷地面積1500坪の鉄筋コンクリートの大邸宅には大ホールや地下プールなども完備され、まさに豪華絢爛としか言い表せない建物であったといいます。

毎月この施設で幹部を呼び寄せて研修をしていたようですが、研修が終了すると武富士ダンサーズを呼んでダンスパーティーが繰り広げられていたそうです。実際、その場にいた人たちはどんな気持ちでこの場にいたのか知りたいものです。

武富士御殿