極甘審査ファイナンス

審査基準が激甘の貸金業者

極甘審査ファイナンスとは何とも奇妙な名称ですが、こういった名称の金融業者は存在していません。ではどういった意味かといいますと、早い話が借入審査の基準が甘く多重債務者向けの融資を専門に取り扱っている金融業者のことです。この手の業者は一見ヤミ金融と疑われがちですが、都道府県に認可された貸金業登録をしている業者なのです。

あちこちの金融業者からの借り入れが増えてくると、大手や中堅どころの消費者金融が融資の焦げ付きを恐れて、融資をしてくれなくなってきます。そういった中で、多重債務者が最後に行きつく先はこういった極甘審査ファイナンスなのです。

多重債務者への融資を躊躇する中で、なぜ多重債務者を専門にする業者がいるのか不思議に思う方もいると思いますが、それは不思議でもなんでもありません。大手はもちろんのこと、中堅の消費者金融にも資本が叶わない個人の金融業者にとったら、それらに勝るものといえば審査基準を甘くするしか生き残る道はありません。つまり、大手や中堅の消費者金融で借りれなくなった人をターゲットにして商売をしている業者ということです。

かつて街で跳梁跋扈していた零細消費者金融

かつては個人の零細金融業者が大手を振って街で営業をしていました。パチンコ屋や競馬場の近辺には必ずこの手の金融業者が看板を掲げ、スポーツ新聞にも溢れんばかりの広告が掲載されていた時代です。しかし、時は流れ、度重なる貸金業法の改正を経て、こういった個人の零細業者の数は激減していったのです。その理由は以下の通りです。

  • 0上限金利が低くなったことで以前のような利益をあげることができなくなった
  • 0大手銀行系の躍進により、中小以下の業者は生き残れなくなった
  • 0過払い金請求により廃業に追い込まれた
  • 0厳しい取り立てが規制されたことで貸金の回収が難しくなった
  • 0新規に貸金業を開業するためのハードルが高くなった

顧客の殆どが多重債務者

前述したように極甘審査ファイナンスを利用する人の大半は、複数の借り入れをしている多重債務者です。一般常識で考えれば同じお金を借りるのなら金利の低い大手の消費者金融を選びますが、大手の消費者金融は金利が低い分、優良顧客を優先的に扱っています。つまり他社からの借入がある多重債務者は相手にしないということです。

そういった大手で借りれない消費者は、大手からワンランク落として中堅どころの金融会社を選ぶことになります。しかし、いくら審査が甘い中堅どころでも、あまりにも酷い多重債務者は敬遠されてしまいます。そういった中堅を断られた人が次に向かう先は零細金融業者(マチキン)です。

これはスポーツ新聞などの広告に載っているような業者です。ほとんどが個人経営の業者で、顧客の殆どは多重債務者です。そして、更にその零細消費者金融からも借りれないような多重債務者たちが向かう先が、極甘審査ファイナンスというわけです。

規模が小さい金融業者はサービスでは大手資本には太刀打ちできませんので、大手では取り扱えないような多重債務者しか相手にできないというわけです。つまり、持ちつ持たれつの間柄というわけですので、何も卑屈になることはありません。堂々と融資を申し込めばいいのです。

申し込みの前に

融資の申し込みをする前に、最後確認してみましょう。

  • 本当に近いうちにお金の入るあてはあるのですか?
  • 返済計画はきちんとできていますか?

零細消費者金融

こういった業者は休業日が不特定になっています。休業の際はアクセスされないようになっているようなので、日を改めて申し込みして下さい。